menu
園について

本保育所は、「待機児童解消の維持」と「より高い質の確保」の視点で取り組みを進める横浜市の方針によって、社会福祉法人白峰会が平成26年度4月1日に開設いたしました。
創始者である「神奈川のお母さん」といわれた平野恒の理念に基づき、保育の内容と方法のさらなる向上を図りながら「地域の子育て支援」の一端を担っています。

保育目標

保育方針

キリスト教の精神に基づいて、子ども一人一人を大切にし、保護者から信頼され地域に愛される保育所を目指します。

保育目標

「健康な体で明るく元気な子ども」
「意欲を持ち自分で考え行動できる子ども」
「感謝の気持ちと思いやりの心をもつ素直で優しい子ども」

開所時間

平日7:00~20:00
土曜日7:00~18:00

※早朝7:00~7:30まで、長時間保育終了後18:30~20:00までの時間は延長保育となります。

クラス編成

乳児
つくし組(0歳児)9名
たんぽぽ組(1歳児)12名
すみれ組(2歳児)15名
幼児
もも組(3歳児)18名
ゆり組(4歳児)18名
さくら組(5歳児)18名

給食について

子どもが豊かな人間性を育み、生きる力を身につけていくために、「食」は何より、重要です。保育所においては、乳幼児期にふさわしい食生活を目指します。
この時期に培われた嗜好や習慣は子どもの心身の発達、健康の維持増進、文化の継承等に、大きな影響を与え、人間形成の重要な要素となります。次のようなことを配慮し楽しい食事ができるようにします。

(1)発達過程に応じた栄養量と調理法で提供する。
(2)衛生的で、温かい家庭的な環境を設定する。
(3)安全で季節感のある食材を使用する。
(4)楽しく食べることを大切にしながら、多様な食材を経験する。
(5)食事に対する感謝の心を育み、よい食習慣を身につけていく。
(6)行事食、他国の食等を取り入れ、食の文化を伝承する。
(7)「食育」の中で食材の生産、自然保護等に触れ、さらなる食への関心を深める。

・毎月、献立表を配布します。当日の食事のサンプルを調理室前に展示します。
・「食」に関して、疑問、質問、ご相談を受けます。
・食物アレルギーによる除去食等の対応を行います。
・遠足や園外保育の日はご家庭より、お弁当をもってきていただくことがあります。

概要

園概要

施設名 白峰保育園
設置主体 社会福祉法人 白峰会
代表者 園長 平野謙輔
設立年月日 平成26年4月1日
所在地 神奈川県横浜市港南区港南台4-6-15
電話番号 045-835-0170
定員 90名
職員構成 園長、副園長、事務長、保育士、栄養士、調理師、嘱託医(小児科、歯科)
第三者評価 平成28年度 第三者評価結果

苦情処理

ご相談・ご意見・ご要望について

日々の子育て・保育について、お悩み、ご相談、ございましたらいつでも電話、送迎時、担任保育士等にお気軽にお寄せください。その他、ご意見、ご要望については担当者、責任者を設けておりますが、「ご要望・ご意見箱」をご利用くださっても結構です。
また、当園では、第三者委員も備えています。貴重なご意見、ご要望を活かし、保育の質の向上に努めたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

受付担当者:主任
解決責任者:園長